YAMAHA/ヤマハ CLP-535をCLP-545と比較する(どちらも生産完了)

更新日:

木製鍵盤か、そうでないかの差は大きい

CLP-535を一つ上の機種であるCLP-545と比較します。

CLP-545からは木製鍵盤になるためタッチ感が大幅に良くなります。

またスピーカーも4つになるため、音の響き方がより本物の音に近づきます。

これらの性能差はYDP-163とCLP-535を比較した時以上の開きがあります。

なるべくアコースティックピアノに近いものでありつつ、価格が高すぎないものを選びたいとお考えであればCLP-545がオススメです。

スポンサーリンク

性能比較

CLP-535 CLP-545
鍵盤 樹脂製 木製
エスケープメント あり あり
スピーカー数 2 4
ステレオフォニック
オプティマイザー機能
なし あり
価格  140,000円 前後 190,000円 前後

CLP-535をCLP-545と比べるとこのような差があります。

・鍵盤の動きに安定感があり、弾いた感触が良いのは木製鍵盤

・CLP-545のほうがスピーカー数が多いので、音に立体感や厚みがある

・CLP-545はステレオフォニックオプティマイザー=ヘッドホン装着時でもリアルに聴こえる機能を持っている。

 

このようにCLP-535からCLP-545になると、鍵盤と音の質が大幅に良くなります。

特に音は力強さが増します。

その違いは楽器をやったことがない方でもよく分かるほどです。

さらにヘッドホンをつけた時の音に差があり、より本物の音のような聴こえ方にもなります。

そして木製鍵盤は動作に安定感が出るため、上達した時にはCLP-545のほうが正確な演奏ができます。

まとめ

予算を抑えつつ、最低限のピアノらしさを備えたモデルを選ぶのであればCLP-535を。

少しでも本物に近い感覚で、より良い練習ができるものを選びたいということなら、アコースティックピアノと同じ要素である木製鍵盤を装備したCLP-545がオススメです。

YAMAHA/ヤマハ
CLP-535

Amazonで探す

楽天で探す

YAMAHA/ヤマハ
CLP-545

Amazonで探す

楽天で探す

-生産完了機種

Copyright© 電子ピアノの選び方とオススメ 元楽器屋さんが教えます! , 2021 All Rights Reserved.